« February 2011 | Main | April 2011 »

March 31, 2011

速報、何回外れたって信じましょう。

テレビの画面からチロリーン、チロリーン。
携帯電話が揺れつつ、ヴィヴィ、ヴィヴィ。
それまではあまりお目にかかることの無かった緊急地震
速報に出くわすことが、東北地方太平洋沖地震前後から
やけに多くなりました。
それもそのはずで、「M5以上の余震が381回、最大震度4
以上の余震が82 回」(気象庁発表・平成23年東北太平洋沖
地震について第31報
より)と過去の大地震に比べても
余震の数が段違いなのです。

ただ、この緊急地震速報、予想より規模が小さいことが
多く、このところは外れ気味だとか。
確かにあまり揺れなかったりする事があります。

YOMIURI ONLINE3月30日付記事→こちら

理由はというと、今回の地震では異なる地点で地震の同時
発生があったり、観測地点の機器の破損・停電等でデータが
足りないなどで、かなり速報の精度で苦戦しているようです。

それでも、速報を疑うことなく、身の安全を図りたいものです。
もしかしたら、大きな揺れの時、速報が無いかもしれません。
速報があっても、大きな揺れではないかもしれません。
でも、その一回が自分の命を救うことになるかもしれないの
ですから、馬鹿にしたもんじゃないとは思いませんか?

大自然に対しては力の及ぶところではないと言い切る人も
います。
でも、それを知ってなお、地震から人々を守ろうとさまざまな
手段で観測を続けている人もいる。
緊急地震速報だって完全なシステムじゃないですが、命を
守る一つの手段。
上手く生かすことが大事なんだと思いますよ。

それにしてもあれ、結構心臓に悪いんですよね・・・
今回の余震、早く終息してくれることを願うばかりで。

追記-
「緊急地震速報を疑わないでくれ。例え、その気持ちが
何百回裏切られようと。それが私の願いだ。」
                 -あるM78星雲人の言葉-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2011

東電社長ダウン。

これは一つの様式美と申しましょうか、都合が悪くなって
しまった政治家などが病気を理由に入院なんかをしたり
するのが、一つの決まりごとのようになっている節があります。
もちろん、本当に具合が悪くて入院することもあるでしょうし
(何しろ精神的に追い詰められているのですから)、一概に
仮病だと言い切ることは出来ないのですが、それにしても
「ああ、また入院で逃げるのね」と思ってしまうことは確か。
健康状態によっては政治家生命が終わってしまうことを
考えれば、入院するのはよっぽどのこと、それでも入院なの
ですから、よほどのことなんでしょう、たぶん。

で、政治家ではないんですけれども、東電の清水社長が
昨日、高血圧と眩暈が原因でのご入院をされたそうで。
・・・まあ、少々、酷な状況ではありますね。
トップが責任を取り、事態を収拾するのが当たり前とはいえ、
一人が背負うには余りにも大きな事態。
心労もものすごいことでしょう。

それでも、福島第一原発の影響で、家にも帰れない人から
すれば入院などのんびりしている場合かと一言言いたい
ところでしょう。
家に帰れないだけでなく、亡くなった身内の遺体すら葬って
あげられないくらいなのですからね・・・
この入院がどのようなものであれ、東電への憎悪を助長する
ことになってしまうのは確か。
一日も早く職務に復帰し、一日も早く原発事故を終息させ、
一日も早く福島や日本中の人たちを普通の生活環境に戻す。
あとは誠意をもって対応し、信頼を確実に取り戻していくしか
ないでしょう。
そうそう、収まるような怒りではないでしょうけれど・・・

東京電力の前途は厳しいですが、投げ出さないで欲しい。
電力が自由化されているとはいえ、事実上、独占企業の
東電に倒れられたら関東の人間としては困ります。
(もっとも、国が東電を倒させないでしょうが)
その東電を生かすも殺すも社長以下、社員の奮闘に
かかっているでしょう。
一部、東電社員があまりのバッシングに言い訳をブログに
アップしていたりするようですけれども、今は多勢に無勢。
一社員が社を擁護しても、その発言に責任が取れるわけでも
ありませんし、イメージアップよりもダウンの方が大きいでしょう。
今は黙って耐え忍ぶ方が良さそうです。

追記-
そういえば、安倍首相も最後は入院しつつ執務をされて
いましたよね・・・
東電の清水社長も病室からでも指揮を執ればいいのに・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 29, 2011

実はヨウ素の数値が高かったです・・・

私は千葉県民なのですが、海外のサイトによる、放射性
物質の飛散予想を見ると、いつも黄色くなっていて、ちょっと
げんなりします。
神経質になるレベルでもありませんから、買い物にも
行ったりしますけれども、外に出て深呼吸をする気には
なれません^^;
千葉県程度でこんな事を言っていたら、原発周辺で帰宅も
出来ない方々に怒られてしまいますけれども。

その千葉県の不始末話。
先月23日、東京の金町浄水場から放射性ヨウ素が乳児の
摂取規制レベルで検出されたということがありました。
同日の千葉県水道局の発表では21日の時点で県内6ヶ所の
浄水場の検査の結果、ヨウ素は基準値以下だったことが
公表され、東京がアウトなのに千葉はセーフ・・・?
22日以降は?とちょっと疑問に思っていたのですが。
今日、北千葉広域水道企業団から公表された内容が
「22日に採取した水から336Bqの放射性ヨウ素が出たよ」と
いうものでした・・・
あの・・・1週間も前の話なんですけれども・・・

どうやら、あとから情報が入ってきて、22日に採取した水を
検査してみたところ、この336Bqが検出されたようなのですが、
336Bqが22日の時点の推測の数値なのか、検査した時点で
336Bqもあったのか(つまり採取時はもっと高い)、どちらかは
わかりません。
しかし、何にせよ、後からこういう数値が公表されたことには
何の変わりもありません。

千葉県の関係者の皆さん。
どうぞお願いいたします。
数値を早めに出来るだけ正確に公表し、どう行動したら
良いかを提示してください。
そもそも、自分の身など、自分で守るのが本当なのですが、
それが出来ない人だっています。
例え、指針くらいでもあれば生かせることもあるでしょう。
後出しで失望するのは最後でありますよう。
・・・まあ、隠蔽しなかっただけマシなのでしょうか・・・

そのうち、こんな数値に慣らされて、みんな気にならなく
なっちゃいませんように。
だんだん、感覚が麻痺してきそうです・・・

追記-
うちは井戸水も使えるんですけれども、こっちの数値は
どうなんでしょうね・・・
深深度から上げてれば「直ちに影響は無い」はずなんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2011

遺体も収容できず・・・

福島の第一原発周辺20kmは避難範囲ということもあって、
立ち入りが制限されていて、あらゆる作業が進んでおらず、
遺体の収容も進んでいないようですね。
ちょっとショックな記事がありました。

MSN産經ニュース3月28日付記事→こちら

その中でも10km圏内は放射線量も高いでしょうし、本来なら
立ち入らない方がよいのでしょうが、遺体があるとの通報を
受け、警察が収容に向かったものの、野晒しにされていた
ご遺体に放射性物質が降りかかっていたため、回収を断念
という、まことに痛ましいニュースです・・・

このご遺体、今後、専門家と相談の上、対応を検討という
ことですけれども、どうなるのでしょうかね・・・
除染で何とかなるレベルならともかく、それでなければ、
普通に葬ることも出来ないかもしれないとの書き込み多数。
なんとか、せめて普通のお墓には入れてあげたいものですね・・・

それと警察の方々。
くれぐれも無理をなさらぬよう・・・
中には公僕だから命を懸けて当然みたいな書込みもありますが、
そんなことは断じてあってはならないと思います。
公務員だって人間ですからね。
二次災害には十分お気をつけください。
って、私なんかよりよっぽどわかってるでしょうけれど・・・

原発事故が終息し、早くご遺体が弔われることを願うばかりです。

追記-
ここのところは気の滅入るニュースばかりで。
現地で悲惨な体験されてる方に比べればまったく大した事じゃ
ないんですけれども・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2011

Puは食べたくないなぁ・・・

これからのことも考えて、ガイドラインを考えておくのは
必要なことなんでしょうけれども、その中にギョッとする
ような項目があると、心中穏やかじゃなくなってしまいます。

厚生労働省が出した「放射能汚染された食品の取り扱いに
ついて
」という文章の中にばっちりと「ウラン」「プルトニウム」の
項目があるそうです。
いや、無い方がおかしいのは確かなんですけれども、
それでもやっぱり、こう・・・顔が引きつってしまうというか。
もっともウランについてはkgあたり20~100Bq、プルトニウム
等超ウラン元素についてはkgあたり1~10Bqと厳しくは
設定されています。
この数値も、実際のところ、私には安全なのかどうかは
わかりませんけれども、数値の上限を引き上げ、不信感を
与えるような事だけは避けてほしいもの。
今回の原発事故を踏まえ、国際放射線防護委員会が
一般人の被曝限度量を20倍、つまり1mSvから20mSvに
引き上げるよう提案したばかりなんですけどね・・・

テレビではあんまり触れていませんけれども、福島第一原発
3号機は去年の10月暮れからMOX燃料を使っていて、
それが吹き飛んだことから、ネットでは、すわ一大事、
プルトニウムが撒き散らされたのではなんて書き込みも
散見されます。
この通達とあわせて、国はすでにこれらの物質が飛散したとの
推測をしているのではとの読みも。

揺らぐ食の安全。
それでも、東北・関東の食品に携わる方々は頑張っています。
先に麻生元首相も相馬市入りして、出荷停止されている以外の
ものまで怖がることは無いよと自ら舌鼓を打ちました。
菅首相の仕事を取ってしまったわけですね^^;
その頑張っている方々のためにも、よりきっちりとした検査・
流通体制の構築が急務だと思えます。
補償の早急な実施もね。
数値だけを一人歩きさせないよう、首輪を掛けておかないと
なりません。
数値を扱うのは人間の特権ですからね。

追記-
2万4千年という半減期がこれまた一人歩き。
まあ、人類が2万4千年、放射性物質を始末する技術を開発
できないことはないと思うので、実際はここまでかからない
でしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 26, 2011

菅首相が情緒不安定・・・なの?

ソースがソースなので、話半分に聞いておこうと思うの
ですが、それでも不安になる記事。

中国網日本語版3月23日付記事→こちら

引用ここから

菅首相に近い人物によると、首相は突然泣き出すことも
あるという。有名コラムニストの勝谷誠彦氏はブログの
中で、「菅直人首相が号泣するなど精神的に不安定に
なっている」という情報を複数の官邸筋から入手したと
記した。

引用ここまで

確かに元々、支持率的にも追い込まれていたところに、
この大震災で苦しいのはわかるんですけれども、国民と
しては、こんな時に突然、泣き出すような人に対応を任せて
おいて大丈夫なのかと心配にはなります。
泣き出すにしても、亡くなった人のために涙するとか、
覚悟を決めて現場で活動してくれている方々に対しての
涙だとか。
そういうのなら逆に頼もしく見えるくらいなんですけど・・・
いつものふてぶてしく、開き直っている態度の方がマシ。
周りがしっかりしていれば少々のことでは困りませんが、
こんな事で本当に対応が遅れていたらしゃれになりません。

ところでこの話のネタ元は勝谷氏とのことですけれども、
確認は取れませんでした。
この話の精度がどの程度のものなのか、また、実際に
氏がこんな事をブログに書いているのか、定かでは
ありませんが、「菅首相なんか早く変わってほしい」と常
日頃から思っている私でも、突然泣き出したりはして
欲しくないです。
こんなのが本当なら、民主党に政権を渡した国民が余りにも
恥ずかしいし、被災者が救われませんからね。
この記事が与太話であると思えるほど、対策・復興を急いで
くださいね。
これは「直ちに」です。

追記-
この記事、中国あたりで読まれて笑いものになってるの
でしょうねぇ・・・
悔しいやら、情けないやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 25, 2011

名ホテルの輝かしい最期。

今までホテルなどというしゃれたところに泊まった覚えは
無い・・・というわけでもありませんが、有名どころの誰もが
知っているようなところには泊まったことは無いはずです、
たぶん・・・
そんな私でも知っているくらい有名なホテルがグランド
プリンスホテル赤坂
です。
赤坂プリンスホテルの方が通りがいいでしょうかね。

このプリンスホテル赤坂、すでに営業の終了が3月31日と
決まっていて、残すところ後わずかとなっていたのですが、
そこに沸き起こったのが、今回の大災害。
被災地では仮設住宅の着工にもとりかかり、避難所生活の
続く罹災者がより普通の生活に戻れるよう、努力をされている
ようではありますが、何しろ、数が足りません。
防潮堤や堤防が破壊された今の状態では、高台以外の
場所に仮設住宅を建てるわけにもいかないでしょうし、
山を切り崩すとなるとさらに時間はかかります。
そんな中、衛生状態の悪化している避難所などに罹災者を
いつまでも置いておくわけにもいかず、現実的な対応となると
集団での他地域への移動になります。
ニュースでも集団移転について流れてます。

そこで、このプリンスホテル赤坂が最後のご奉公。
東京都にも避難されてきた方を受け入れているのですが、
このプリンスホテル赤坂を使おうというわけです。
うーん、実に機転が利いています。
そして、長年の歴史がある名ホテルの最後としては実に
誇らしい終わり方だと思います。
ここで全てが癒せるなんてことは無いでしょうけれども、
ホテルにいられる期間は少しでもリラックスできるといい
ですね。

現地で防災対策を練り直すにもそれなりに時間がかかる
でしょう。
身体が弱くなっている方は無理をせず、故郷を離れるのは
辛いでしょうが、どんどん他地域を頼って欲しいです。
困った時はお互い様、ですからね。
このプリンスホテル赤坂を良い例として、各地で機転の
利いた避難民受け入れを期待しましょう。

追記-
千葉県の北の方など造成地がだいぶ余ってる気がするの
ですが、あのあたりに丸ごと受け入れられませんかね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2011

過酷な仕事、楽な仕事。

福島第一原発3号機の建屋内でついに搬送されるほどの
被曝・怪我を負った作業員が出てしまいました。
170~180ミリシーベルトという、かなりの線量を浴びて、
ベータ線熱傷の可能性があるとのこと。
私の住んでいる千葉県にある放射線医学総合研究所に
運ばれてくるそうです。

YOMIURI ONLINE3月24日付記事→こちら

どうやら、建屋内に水が溜まっていて、その水が高濃度の
放射性物質を含んでいる状態。
そこに足を突っ込んでしまい、放射線によるやけどをおったと
いうことのようです。
短時間しか現場にいられないような環境で、しかもあまり
視界の良くなさそうな建物内。
たぶん、きちんとした明かりさえ乏しい中での作業ですから
こんな事故が起こる下地は十分にあったのでしょう。
しかし、実際にけが人が出てから気がつくのでは遅すぎます。
今は、怪我をされた作業員の方の無事を祈りたいですね・・・

こんな過酷な作業をしている人々がいる一方、悪天候で
現地の視察を取りやめる人もいます・・・
もっとも、視察をしたところで何のプラスにもならない人ですが。
視察している暇があったら、次々と方策を立ててください。
東電にまかせっきりの原発対応を国で取り上げたっていいと
すら思えます。
もっとも、取り上げたところで、上手くできるかは保障の限り
ではないですが・・・
都知事が安全のためにミネラルウォーターの配布をしたり、
天皇・皇后両陛下が那須御用邸のお風呂を被災者に開放
されたり。
そんな国民が安心するようなことを一つでも多くしてください。
もっとも、人徳が無いと、スタンドプレーをと取られるのがオチ。
せめて、国民の前に毎日姿を見せてくださいね・・・

そろそろ、大地震から2週間。
関係者の方は疲労が極限だと思いますが、なにとぞ、御身
大切にされますよう・・・
(政権の連中に言ってるんじゃありませんよ?)

追記-
そんな首相の仕事。
MSN産經ニュース3月24日付→こちら
4分って・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 23, 2011

水にも放射能の魔の手が・・・

まあ、茨城のほうれん草で放射性物質が検出されるくらい
ですから、水源にそれが降下してないことはなく、当たり前と
言えば当たり前の出来事なのですが、ついに水道水で
乳児の摂取基準値を超えるヨウ素が検出されました。
東京の金町浄水場。
水1ℓで210Bqの値だそうで。
乳児の基準値が100Bq、大人の基準値が300Bq。
今年の流行語大賞になりそうな「ただちに」を使うなら、
ただちには健康に影響はないのでしょうが、やはり飲んで
気分のいいものではありませんね。
今まで知らず知らず飲んでいたとしても、知らぬが仏。
「こんなものが入っているよ」と明かされたら、なかなか・・・ね。

テレビのCMで「買占めはやめよう」と言っていたりしてるので、
積極的ではないにしろ、我が家にはすでに震災前からの
備蓄の水と少々買い足した水がありますので、少々の期間の
調理用の水には困らなさそう。
ですけれども、飲用に買っているお茶などはどこの水を使って
いるやらわかりません^^;
水が危なくなると千葉県が一大産地の醤油などはちょっと
困ることになりますね・・・

まあ、それでもヨウ素はいいでしょう。
少々、放置しておけば大丈夫な半減期8日ですから。
問題なのはテレビでも言われているセシウム。
それに話にも出てこないストロンチウムやプルトニウム。
これらが含まれていないかの方がよほど知りたいの
ですけれどもね。

しかし、こんな食べ物と水で騒いでいられるのも震災の
ダメージが少なかった地域故。
被災地では食べ物の入手も大変ですから、こんなことも
言ってられないのかもしれません。
行政の皆さん。
大変な人たちにこそ、より安全なものを運んであげて
くださいね。

追記-
風評被害が懸念されていますけれども、やっぱり、東北・
関東産を避けていれば安全みたいな、漠然とした選び方が
あるうちは早々晴れないでしょうね・・・
実際、ほうれん草なんかどこ産であっても山積みなのを
見ました・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 22, 2011

大連立も難しい。

このところ、地震で起こされることも多いですね。
私の部屋は少々、物が多く、積み上げてもいるので、さっと
行動に移らなかったら危ないわけでして。
起きてすぐさま逃げられるわけでもないので、多重掛けの
掛け布団の中に潜り込むのが現実的。
建物が崩れたらそれまでですけれども、落下物からは身を
守れますからね。
今のところ、11日の本震以来、部屋の物が崩れるほどの
揺れはきていませんが。

さて、昨日は民主党の人材が豊富だと書きましたが、
もちろん、それは悪い意味での豊富さでして・・・
今回の震災で揺れが入り、がたがたになっているのは地盤や
建物だけでなく、今の内閣も同じ。
ここで補強を入れるために野党に抱きつき、大連立をしようと
試みました。
19日に谷垣総裁に入閣を持ちかけたものの、即答ができる訳も
無く、協議後に断りの電話が入ったそうです。
男気を示して「よし、わかった」の二つ返事というのもなかなか
かっこいいのではありますが、政党政治をしている以上、
党の総裁が独断で入閣するわけにもいきません。
それでも、こんな時だからこそ・・・という言葉にも説得力は
感じるのですよね。

ところで、この入閣要請、副総理と震災復興担当相を兼ねた
ものだったようです。
これはさすがに違うんじゃないかと思うのです。
震災復興、確かに、一番スポットの当たるところで、やりがいの
ある仕事でしょう。
しかし、その一番大事なところに単騎で入っていって、きちんと
連携ができるものなのか。
そして、その連携に失敗すれば、批判の集中するのはその
震災復興担当相です。
穿った見方をすればこれは仕掛けられた罠で、谷垣氏は
それから逃げた、とも見れますね。
本来なら、「人数が足らない、震災の復興の方に我が党の
力を結集させるから、他の分野のバックアップを頼む」というのが
筋ではないのでしょうか。
一番大事なところを丸投げして、しかも一本釣りとか、さすがに
これは拙速な案だったと思うのです。
(最初からその気が無かった・・・のかも?)

もし、菅首相に本気で大連立の気があるのならば、震災
直前に図らずも変わってしまった外務大臣を経験者に明け渡し、
軽量級大臣にして、ろくな働きのできていないの海江田・
蓮舫氏も更迭後、経験者と入れ替え。
その上で、当選回数と経験の浅い副大臣・政務官に代え、
野党の経験者を配置する重厚な布陣をしけばいいでしょう。
どうせ、元からろくに続くはずも無かった内閣です。
ここで経験者を余すところ無く取り込む人事力を見せれば、
首相退任後も語り継がれるのですけれどもね。
ああ、そうそう、民間人の大臣起用って手もありますね。

ま、そんな手腕と度胸があれば、元よりここまで内閣が
よれよれになってはいないでしょうけれども。
動機よりも結果を大切にしてくださいよ、政治家の皆さん。

追記-
個人的にはアメリカとのパイプをもっと生かすために外務
大臣には元総理大臣のあの人を・・・なんとなく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 21, 2011

隊員たちの送り出し方。

こんな時に政府を叩くのもどうかと思うのですが、さすがに
どうかと思うこともあるので、書き記しておきましょう。

福島第一原発では建屋付近での放水が続けられています。
自衛隊、警察、消防。
隊員たちは身の安全を図りながらも、ぎりぎりのところでの
作業を行っています。
一歩間違えば生命を脅かされる危険な現場。
それなのに・・・

17日のCH-47からの水の投下は放射線濃度を度外視した
上で行われたといいます。
北澤防衛大臣は「きょうが限界だと判断し決心した」と、ヘリ
からの水の投下を強行させました。
結果的にヘリの床に張り詰めたというタングステンの板の
効果もあってか、隊員の被曝量はそれほどでもなく済んだ
ようではありますが、北澤氏は博打を仕掛けたわけですね。
それも、正直あまり効果の無い。
もちろん、前のブログにも書いたとおり、やってみなければ
わからないことはありますが、隊員の身の安全を無視する
ような前提があったのならそれはまた意味が違ってきます。

また、石原都知事が明かしたところによれば、ある大臣が
東京消防庁の幹部に対し、「放水を早急にやらなければ
処分する」などという恫喝があったそう。
関係者の話を総合すると、どうやら海江田経産相の所業。
泥縄式の計画停電で市民生活に混乱をもたらした無能
大臣が勇敢に原発に立ち向かう者たちに向かって恫喝を
加えるとは。
恥というものを知らないのでしょうか・・・
しかも、前日の長時間放水はどうやら無理に要請されたようで
都知事が言うところによると無理がたたり「機材が故障した」
そうです・・・

部下を死地に送り出す。
そんなことも指揮官には時には必要となってくるのでしょう。
しかし、そんな事が度々あるようでは「指揮官の無能・堕落」
でしかないのです。
また、安全を考えずに作戦を強行させたり、恫喝をもって
隊員を送り出すようでは「特攻」に他ならず、「統率の外道」。
特攻を語る上で避けて通れない大西瀧次郎中将は、自らは
特攻に反対しつつも、特攻作戦を続行し、終戦の翌日、
責任を感じ自決しています。
今回の馬鹿指揮官どもは事態が収束したあと、どう責任を
とってくれるのでしょうね。
よもや、事態収束を自分の手柄として誇りはしますまいな。

他にもプールにガソリンを貯められないかなど、考えれば
すぐに駄目だとわかりそうな案をぶち上げる議員がいるなど
民主党の人材は本当に豊かですね・・・
こんな時にこんな政党が与党で本当に不幸ではありますが、
これも民主党を選んでしまった国民の選択です。
今はただ耐えなくてはなりません。

ところで、菅政権でなく、鳩山政権の時に震災が起こって
いたらどうなったでしょうね・・・
小沢氏がもっと前面に出ていたかもしれませんが、鳩の
方は狼狽していたような気がします。
それよりはマシだと、少しだけ自らを慰めてみましょう・・・

追記-
それにしても総理大臣の姿が不在ですね。
「直ちに」さんはやたらと見かけるんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2011

安定的で強力な放水体制。

17日の自衛隊・警察庁の車輛による放水に続き、昨日から
東京消防庁のハイパーレスキュー隊が3号機に対し、
長時間の放水を実行。
車輛に水を蓄えて持っていく方式ではなく、直接、海から
海水を汲み上げ、ホースで建屋付近の車輛に送り、そこから
放水を行うという方式を取ったため、長時間連続の稼動が
可能となりました。
もちろん、その間、隊員は退避できますから、過度の被曝も
避けられるわけ。
結局、13時間半、2,430トンを建屋内に供給。
これはかなり心強い量です。
この送水車「スーパーポンパー」と放水車「屈折放水塔車」の
組み合わせは現在のところ、もっとも理想的といえるかも
しれません。
23メートルものアームを生かす機会など、早々無いでしょうが、
今回のためだけでも、保有していて良かったと思える物。
ありがとう、東京消防庁!

そして、自衛隊の方でも動きが。
長らく、その砲を敵に向けることなく、存在感だけで国土を
防衛してきた74式戦車が今回、原発に投入されると記事が。

MSN産經ニュース3月20日付記事→こちら

この日本最大のピンチに"初の実戦"となりますかどうか。
といっても、主砲を撃つわけでもなく、戦車には与圧装置が
搭載されていて対NBC防護能力が高いという特性を買われ、
先の建屋の水素爆発により飛び散った瓦礫を前部につけた
鋼板で排除しようというもの。
戦場での槍働きではありませんが、戦車にしかできない
栄誉ある任務でしょう。
2輛の74式には頑張って欲しいものです。

しかし、本当に総力戦になってきましたね・・・
早いところ、施設内の動力が回復してくれないと、隊員たち
みんなまいってしまいます。
とはいえ、冷却しないわけにもいきませんから、持てる車輛を
総動員する体制はしばらく続くでしょうけれども。
なんにせよ、隊員の安全だけは守ってくださいね。

追記-
これを機に新型車輛を急遽建造するのもありだと思います。
少々値は張っても、ここで食い止めないと日本が終わる
事態なんですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 19, 2011

心を込めたはずの牛乳とほうれん草が・・・

予想できたことではありますが、ついに食品から放射性
物質が検出されました。
とても残念なことですが、あれだけ吹き飛んだ建屋から
怪しげな煙を撒き散らしていれば当然のことでしょうね。
この間、雨も降りまして、放射性物質も降下してきたでしょうし。

今回、検出されたのは福島県産の牛乳と茨城県産の
ほうれん草から。
牛乳の方は汚染された水を飲んだ牛からの搾乳、ほうれん
草の方は空気中の放射性物質が付着したのでしょう。
後者の方は、外側にくっついているだけなので、洗うなり、
外側を取るなりすれば食べられないことはなさそう。
(無理して食べるつもりもありませんけれども)
それよりも、今後、土壌や水源を汚染され、作物の内部に
入ったときの方が心配です。
そういう意味では牛乳の方が話は深刻なのかもしれません。

ネット上ではいつぞやのO157の時の菅厚生大臣(当時)を
引き合いに出し、「首相がほうれん草と牛乳を食するべき」
との声もあります。
が、さすがに今回はやらないでしょうね。
当時は風評被害だとわかった上でのパフォーマンス。
今回は本当に放射能汚染がされている食物です。
あとは、どれだけの汚染なのか、食用に適するかの有無
ですけれども、これも差し止めレベルなら食べていいものでは
ありませんし。
第一、食べても大丈夫なレベルだとしても、今の首相に
安全を示すことができるとは思えません^^;
(食べても安全なものとすりかえたと言われるのは必至w)

国は汚染された食物はきっちりと止め、市場に出回らない
ようにとは言っていますが、それならば、とにかく、生産者への
補償は急ぐべきでしょう。
こういうことは言いたくないのですが、生活に困れば、汚染
されたものだと知りつつ、加工品に回すような者も出てくる
かもしれません。
生産者への侮辱と取られるかもしれませんが、過去にそのような
業者もいたことは事実ですし、生産者の中にも魔がさす人も
いるかもしれない。
本当にすみません。
でも、そういうことの無いように、生活ができるお金は至急
国が肩代わりしてでも出すべきだと思います。
お金が入ってきたとしても生産者の皆さんは無念でしょう・・・

しばらくは・・・いえ、かなり長い間、この手の情報は出てくるの
でしょうね。
色々な国の多彩な料理に包まれていた日本。
飽食の時代が終わるとまでは言いませんが、食卓が厳しく
なるのは間違いないでしょう。
いつか、元通りになる日は来るのでしょうか・・・

追記-
風向きからして、千葉県の農作物でダメ出しがされるのは
時間の問題・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2011

助けてくれてるのにアピール呼ばわり。

今回の大震災では諸外国によるさまざまな救援の手が
差し伸べられています。
物資、救助隊、医師団等々・・・
中でも、自己完結性を持っている軍隊というのは、災害時に
一番動け、一番頼りになる存在。
戦争というこれ以上無い災害の中で動けなくてはならないほど
ですから、今回の震災の中でも動けるだけの能力は有して
います。
その軍隊の中でも世界最強である米軍の支援となれば、
これ以上は望むべくもないほど。
同盟国のこの危機に、OPERATION TOMODACHIと名付けた
支援行動を幅広く展開してくれています。
アホで非礼な前首相からあれだけの屈辱を受けたというのに、
困っている日本を見捨てないでくれたわけです。
本当にありがとうございます。

そんな中、相変わらず米軍を叩いている者もいます。
琉球新報この記事などは海兵隊に「存在をアピールするな」
などと書いています。
ばっかじゃなかろうか
今回の大震災では困っている人がたくさんいます。
人手もまったく足りていないでしょう。
物資を運ぼうにも手段がない場所だってたくさんある。
そんなところに手を差し伸べてくれているのが米軍であり、
その中の海兵隊であるのに、言うに事欠いて「アピール」とか。
米軍憎しで凝り固まった頭はそんな風にしか考えられないのか。
それなら堂々と被災者の前に「米軍の援助など受け取るな、
政治目的でやってるだけだ」とでも言いにいって御覧なさい。
被災地から遠く離れた沖縄で、好き勝手言っているのは
実に腹立たしいことです。
(いつも沖縄で起きていることを本土から好き勝手に・・・
なんて反論をするんでしょうが)
ま、落ちぶれたとしても、人の好意を素直に受けられない
人間にはなりたくないものです。
困った時に助けてくれるのが真の友人ですから。

今日も車輌による放水は継続中。
これで使用済み燃料棒の冷却が進んでいる事を切に願います。
胃に悪い毎日ですよね・・・

追記-
ロシアでは被災者をシベリアで受け入れると大統領が発表。
歴史的経緯から割とバカにしているように聞こえるのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2011

ヘリと車両の放水作業開始。

3号機の冷却のためについに自衛隊・警察が放水活動に
打って出ました。

まずは昨日中止された上空のヘリからの水の投下。
陸上自衛隊のCH-47チヌークが7.5トンの水を4回、計30トン
もの海水を散布。
しかし、30km離れたNHKのカメラから見ても、文字通り
散布になってしまっていて、ピンポイントに水を落とせて
いないのは明らか。
放射線量にもほとんど変化は見られず・・・のようです。
しかし、この行動自体が無駄というわけではなく、効果的か
効果的でないかを模索している状況ですから、貴重な
作戦実行だったと思います。
危険な任務を遂行してくださった隊員には感謝と礼賛を。

そして、次なる作戦、特殊車両による、地上からの放水。
投入されたのは航空自衛隊のA-MB-3、警視庁の
高圧放水車など。
放射線の高い現場で建屋ぎりぎりまで近づいて放水するの
ですから、これも危険な任務。
しかし、その危険さとは別に、国民の多くの期待が彼らに
かけられているのも事実・・・
いつかいつかと待っているうちに、あたりは暗くなるばかり。
そして19時を回った頃だったでしょうか、放水開始の報。
警察庁車両の放水は建屋まで届かなかったようですが、
自衛隊車両の方がきっちりと建屋内に注水。
とにもかくにも、冷却に向けて進みだしたのは希望です。
ありがとう!自衛隊、警察庁!

そして、Badニュースも。
このどさくさにまぎれて、心細い菅首相が官房副長官に
前官房長官の仙谷氏を起用。
表向き、何かと会見で忙しい枝野氏の支えということ
でしょうが、事が事だけに隠蔽担当のような気がしてなりません・・・
こんな疑念を抱かせるのも尖閣問題があったればこそですよね。
まあ、国際社会も注視している原発問題、隠蔽があったら、
国際レベルで吊るし上げますのでよろしくです。

それにしても、いよいよ大掛かりになりつつある、原発対策。
これがフィクションだったらどれだけいいことでしょうかね。
作業をされている方は本当にお気をつけて・・・としか言いようが・・・

追記-
本来なら警察とか、原発対策に引っ張り出される立場じゃ
ないですよね。
外国の軍なら、対放射能装備はあるでしょうけど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2011

買い物に出てみました。

震災後、初の外出。
関東で過剰反応の気もしますが、いつまで続くかわからない
原発の放射性物質放出だけに、一応、マスクと肌を出さずに
気をつけて買い物に。

まずは近所のガススタンドへ。
当然のように閉まっています。
回せるなら被災地の方に燃料を回すのが先決ですし、なにが
あるかわからない今の状況ではみんな車に燃料を満タンに
しておこうというのは当然の心理。
新たに入ってこないのと、今まであった分は売り切れと。

そのまま、通りを歩いて近くのスーパーへ。
残念ながら休業中。
計画停電が通りをまたいだ向こうで行われていて、その
通り沿いの2件の大手スーパーは電力回復まで開かない模様。
そもそも、中にどれだけの品物があるんでしょうね。

歩き続けて、隣の駅の商店街へ。
ここで営業しているコンビニと八百屋さんを発見。
まずはコンビニでコカ・コーラなど買って一服。
ここのコンビニも電気が来ていないのか、店内真っ暗、
冷蔵庫も止まっていましたが、なぜかレジは稼動。
停電になっても一定時間動くとか何とか。
こういう時は強いですよね。

別のコンビニに移動。
カップラーメンが売っておりましたので、4つほど購入。
でも、後で考えたら、これから水源汚染が考えられるのに、
水を大量に使うカップ麺はあまり好ましい選択じゃないんじゃ
ないかなーなんて。
しかも、担々麺ですしねw

その次に開いていた八百屋さん。
葱と玉葱と人参と・・・と、買いたい物はたくさんあれど、歩きで
手ぶらできてしまったためにペイロードは限られています。
ほどほどに買って退散。
ただ、今後は野菜も放射性物質の降下が気になりますし、
何も見ずにひょいと手を出すわけにもいかなくなりそう。
もちろん、行政レベルで網はかけるんでしょうけれども、
天網恢恢といきますかどうか・・・

家に帰っても、ゆっくりできる感じじゃなく、テレビで原発
関連の情報に釘付け。
被災地の状況も気になることではありますが、酷いもので、
やはり自分の身に降りかかるかも知れぬ、原発の状況の
方が気になってしまうのです・・・
首都圏はこの福島原発から電気をいただき、そして今、
現地に迷惑をかけ続けているというのにね・・・
火災が発生した運転休止中の4号機でも、原子炉とは別に
使用済みの燃料棒を貯蔵しているプールがピンチとかで、
より一層、危機であることがわかりましたが、一市民としては
事態が収束してくれるのを祈るほかありません。
今日、開始されるはずだった3号機へのヘリからの水の
投下も放射線量の高さで中止となってしまいましたし、
次の一手がいつまでも続く事を期待するしかないわけで・・・
早く落ち着いて寝られる日が来ないかなと。

・・・案外、慣らされちゃうかもしれませんけどね><

追記-
諸外国は日本政府の設定よりも広い退避勧告地域を設定。
万一を考えるのは当然ですが、日本政府の設定した広さと
どうしても比べてしまいますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2011

空間放射線量跳ね上がる・・・

関東は雨模様です。
雨になれば空気中の放射性物質の塵は地表付近に
落下してきて、検出される値は高くなります。
それがわかっているとしても、やはりこれだけの数値が
叩き出されると心配になるという・・・

2ちゃんねるのスレで知ったこのHP、放射線テレメータ・
インターネット表示局

私は千葉県に住んでいますので、福島県との間にある
茨城県のこの放射性物質の監視は大いに参考になります。
そんなわけで、ちょくちょくチェックはしているのですが、
今日の数値の上がり方にはかなりびっくりしましたね・・・
それまでせいぜい50nGy/h(ナノグレイ毎時)だったものが、
3桁となり、そして、4時50分には常陸太田市磯部で
5081nGy、7時40分には鉾田市樅山で5343nGyを記録。
一気に100倍強にまで跳ね上がりました。
もちろん、この程度の数値、好んで吸いたいわけではないものの、
大したものではありません。
ありませんが、雨が降っただけでこの跳ね上がり方、本当に
今後、水源と土壌は大丈夫なのでしょうか。
この先、まだまだ長く続きそうな原発対応、梅雨の時期に
こんな数値を連発されたんじゃ、落ち着いて外にも出られや
しませんからね。
夜になり数値は徐々に落ち着きを取り戻してはいます。
これは原発の状態ともなんらかの関係があるのでしょうか・・・

そうそう、震災後まだ日も浅いというのに、テレビ局によっては
通常放送に戻したところが出てきました。
相変わらず、CMはACだらけではあるのですが、この時期、
被災地の状況を流すでもなく、原発関連を流すでもなく、
芸能人を肥え太らせるだけのくだらない番組を流すのなら、
それこそ電力の無駄ですから、放送を停止してもかまわないと
思います。
まあ、こんな時に民放なんかあてになりませんから、NHKの
ままなんですけれどもね。
計画停電でなんとか乗り切ろうという時期に自分たちだけは
どうでもいい放送を続けようというテレビ局、本当に身勝手です。

などと書いていたら、静岡県東部で震度6強の地震。
大きな地震が続きますけど、日本は大丈夫なんでしょうか・・・
うかうか眠ることもできません><

追記-
あの日以来、本当に非日常が日常に摩り替わってしまったの
ですね・・・
この先、食べ物と飲み物の心配もしなくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2011

大きな爆発・・・

今度は3号機の建物が派手に吹き飛びました・・・
12日の15時36分に1号機の建物が吹っ飛び、今日の
11時01分に3号機の建物が吹っ飛び・・・
少々の爆発などには格納容器は耐えるように出来て
いるとは思うのですが、本当に大丈夫なのか、心配に
なるような爆発ではあります。
すでに20kmの圏内は避難指示が出され、万が一に
備えてはいるのでしょうが、先が見えないだけに、不安は
高まるばかり。

テレビでは放射線の量を説明していたりしますけれども、
今回の爆発事故でどう変化してくるのか。
もし、格納容器に何らかの異変でもあれば、放射線の
値は上がってきてそれとなくわかってくるでしょうしね。
それにしても、建物は崩壊するわ、放射線濃度は高いわ、
打つ手は限られてるわで、予断を許さない、許さなすぎな
状況が続いています。
いつにもまして、致命的なミスは許されない、過酷な環境。
現場で作業に当たっている方々には、何と言っていいか・・・
彼らに日本の命運はかけられているのですが、かけざるを
得なくなった原発の運営体制には後日猛省を促さねば
ならないことでしょう。
何重ものフェイルセーフを突破し、作業員を死地に追い込む
ような重大な事態なのですから。
・・・もっとも、それは第一原発が収まってからになりそう。
同様の問題を抱えているかも知れぬ国内の原発は今
すぐにでもチェックをかけないといけないのでしょうが、
たぶん、マンパワーが足りないでしょう・・・

これ以上悪化しない事を願うばかり。
地震も相変わらず頻発していますし、精神的にも落ち着かない
日々がしばらくは続きそうです。

追記-
計画停電、うちは初日には停電しませんでした。
列車の運行にも支障が出たようでトラブルがニュースに・・・

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 13, 2011

停電は計画的に・・・?

福島第一原発があんな状態で、他の原発も止まって、
その他の発電所にも被害が及んで。
電力がどうやら足りなくなるという見通しから輪番停電を
実施せざるを得ないと発表がありました。
急に停電しないように地区ごとに計画的に前もって停電
させて、供給をコントロールしようという作戦です。
まあ、これは仕方がないにしても・・・
明日からの実施というのは、さすがに周知の期間が短い
気がするのですよね。

私の家のように、別段何もない家は少しくらい停電しても
なんということはありません。
寒いのと暗いのに我慢すればいいだけのこと。
しかし、電気を必要としている仕事をされている方々や、
電気が無いと生きていけない方々は本当に困るでしょうね。
工場をやっているとか、電気の力で生きながらえてるとか。
後者なんか、電気が止まったら命にかかわる可能性すら
あります。
ライフラインに関わるような場所の停電にはくれぐれも
気をつけて実施していただきたいですね。
工場の方は・・・電気止まったら商売上がったりのところ、
ずいぶんあるんでしょうけれども、計画立てて停電を
すり抜けるようにして操業するしかないのかなぁ・・・

さて、この計画停電、たぶん、ほとんどの人が経験した
ことの無い事態。
想像力をはたらかせて、トラブルから出来るだけ遠ざかり
ましょうね。
お店は開いてないかもしれない。
電車は走ってないかもしれない。
信号がついてないかもしれない。
ダメでも騒がない。
大変な事態ですけれども、みんなで頑張りましょうね。

追記-
うちの地区が停電のどのグループに入るのかが不明。
記載が無いんですよね^^;

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2011

地震、津波に加え、原発対応も・・・

どんな大災害のあとでも朝はきます。
あまり眠れはしませんでしたが、引き続き、家の中の物を
片付けました。
部屋の中では積んであった物が崩れ、とりあえず、眠れる
だけの場所を確保するだけはしましたが、それ以外はすごい
状態。
資料としてとってあったペーパー、新聞、本がロフト状態に
なっている2段ベットの上部から大量に下に落ちて、物を
入れてある箱なんかもぐちゃぐちゃ。
まだ余震活動が活発な事を考えると気が進まないし、危険
ではあるのですが、元の通り積み上げました。

と、同時にテレビもつけっぱなし。
昨日、東西線運行待ちの間に関西圏の友達からメールが
一本入ってきました。
「原発やばいみたい」
そう、今回の被災地の一帯には女川原発、福島第一・
第二原発、東海第二原発と4ヶ所、計14基の原発が稼動
しています。
しかし、このメールだけでは何がどうやばいのかわからず、
通信状態も悪いので続報もなし。
それでも、不安を抑えて帰宅。
テレビには電力供給を断たれ、冷却手段を失った原発の
ニュースが流れていました。
その原発の状況も気になりますし、余震でぐらぐら揺れっぱなし
ですから、震度なんかも頻繁に入ってきます。
それに津波警報も出っ放しですしね。

そして・・・
福島第一原発1号機で炉心溶融の可能性と報じられた後、
建物の爆発が発生・・・
この爆発については充満した水素が爆発したものであるとの
発表がなされたのですが、それにしても心配は募るばかり。
余震と津波の危険がある中、手段が限られているのになんとか
原発を3基安定に持ち込まなくちゃならない困難な状況。
(4~6号機は定期点検で元から運転してなかったとか)
それに他の原発の状況も気になります・・・

この最悪の状態に立ち向かうのが菅内閣で、ものすごい
不安ではあるのですが、もはや、彼らに託すしかありません。
ベストは出来なくてもベターな選択はお願いしたいです・・・

追記-
我が家の損害状況、屋根の一部陥没、人形ケース1ヶガラス
割れ、オルゴール人形1ヶ割れ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2011

何とか帰ってきた!

*この記事は帰宅が間に合わなかったため、日付が変わって
から書いております。

その時、私はエアコンの修理で、東京にお呼ばれしていまして、
青果市場にいたのです。
市場の中には当然のことながら商品も積まれていますから、
あまり修理機材も置いておくわけにはいきません。
使い終わったものから撤収というわけで、建物の中と車の
間を行き来して機材を載せている最中でした。
建物から出た瞬間、すごい音がしまして、見てみたら梁が
大きく揺れて、上からぱらぱらと埃だか剥離した物が落ちて
くるレベル。
とにかく、半端ではない地震ではあることがわかりました。

呼んでくれた友達は室内機を弄っていて、建物内2階の
事務所内から出てきません。
私も建物が崩れそうな気はしなかったので、荷物の撤収を
続行。
とりあえず、完全に作業を終えるまで使う機材を残して、
搭載は完了。
作業の行方を見守っている間も何度か揺れましたし、横に
置かれているテレビからは一緒に流されていく車と船が
映されていました。
その映像からも、どれだけ地震が大きかったかが一目で
わかりました・・・

作業が終わり、友達は車で事務所へ、私は電車で家へ。
接続路線の多い池袋で降ろしてもらい、どれか、電車が動いて
いないか確認してみるも、当然のように動いていません。
ならば、とりあえず錦糸町まで移動できるバス路線のある
大塚へと歩いて移動。
合わせて、見えたコンビニ全店に立ち寄り、携帯の電池式
充電キットを探してみるも売り切れでなかなか見つからず。
大塚到着。
ここで充電キットは確保できたのですが、バスの停留所には
長蛇の列・・・
相変わらずJRの駅は閉鎖中で、バスを待つのも性に合わず、
JR再開、または地下鉄再開を期待し、巣鴨駅へ。
その間に懸案だった家との連絡、ネットの友達との連絡も取れ、
とりあえずは安心。
後は我が身が帰れるかどうかになってきました。

巣鴨に到着・・・のはずが、道を外れ、どうやら中央線方面に
向かっているよう。
相変わらず、道路は帰宅難民の列でごった返し中。
なので、多少道を間違えても寂しくはなかったですね。
結果的に、水道橋駅に到着。
ここでJR終日運休を知ることになりました。
これで、諦めて都内に残るか、私鉄に賭けるかということに。
さすがに都内から家まで歩いて帰るにはすでに池袋→
水道橋間を歩いた足では無理のように思えました。

目標を上野に変更。
道すがら、銀座線が動いていないかを確認しつつ、京成線の
運行に期待を掛けたわけ。
通り過ぎた秋葉原では喫茶店に陣取って休憩する人、充電
キットをここぞとばかり売るお店などを見ることができました。
こんな時に日本を訪れていた外国人の人も気の毒に・・・なんて
思えたのは多少余裕が出てきたからだったでしょうか。
京成上野到着。

駅の改札口手前の柱によっかかって、みっともなくもそのまま、
座り込んでしまいました。
もし、京成がだめなら動ける状態じゃなく。
しかし、程なく「京成は終日運休を決定しました」の声が。
同時に秋葉原のUDXの駐車場等が避難所として解放されたとの
アナウンスも。
しかし、もうたかだか2駅の距離でも移動したくない状態・・・
そんな中、銀座線が動き出したとの情報。
銀座線なら、上野広小路までの移動ですみますから、これは
少々頑張るかと移動を開始。

駅到着。
地震後、初めて動いている電車を見る。
早速乗車して、日本橋に移動し、東西線の回復待ち。
ここで2時間ほど足止めをされたのですが、横にいたおじさん
たちと大変なことになりましたねーなんて話をしていたので、
大した苦にはなりませんでした。

東西線がやっと動いたものの、西船橋まで到達せず、妙典で
止まる運転。
仕方がないので、家に車を出してくれるように頼みましたが、
いざ駅についてみても、道路が混雑して車が進まないよう。
仕方がないので再び、西船橋まで徒歩で移動を開始しました。

結局、西船橋をちょっと過ぎたあたりでうちの車とすれ違い、
その場で運転を代わり、そのまま家へ。
こういう時、裏道を知ってると何とかなりますね・・・
結局ついたのは2時半でした。

地震で何があったのかは起きてから確認しようと思います。

追記-
貴重な体験ではありましたが、出来ればしたくない経験でも
あります・・・
多くの人が亡くなるような災害の余波ですから・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 10, 2011

パンダリターンズ。

上野動物園にパンダが戻ってくる日が近づいてきました。
正確にはもうすでに改修されたパンダ部屋で暮らしている
そうなのですけれども、公開は今月の22日から。
今は環境に慣れてもらおうとの慣らし期間なわけですね。
生活環境が変わった上に、いきなり観衆の前にだしたなら、
相当なストレスになるでしょうし、大事に大事に扱って
いかなくちゃなりません。
何せ、以前の恩賜上野動物園在住のパンダたちと違って、
今度来た子達は中国からのレンタル。
毎年レンタル料を払う上に、不慮の死の場合、賠償金まで
取られてしまうという・・・
・・・と、お金の事を抜きにしたとしても、パンダが死んだら
可哀想ですもんね。

この2頭のパンダ、ビーリー(雄)とシィエンニュ(雌)、日本では
それぞれリーリとシンシンと名乗るそうです。
かつての上野パンダと同じく、音を重ねた感じですが、何も
それに習わなくとも、そのまま、ビーリーとシィエンニュで
良かったのではないかなと思うのですが。
まあ、日本語名の方が子供たちにはすぐ覚えてもらえそう
ではありますけれどもね。

wikipediaで調べてみると、パンダは長寿なもので30年弱
生きるようです。
来て早々、こんな話をするのもなんですけれども、天寿を
全うするまで大事にしてあげて、子供たちの目を楽しませる
存在であり続けますよう。
なにせ、福田外交の唯一の遺産ですからねw
上野動物園の入場者数もこれで回復するといいんですけれども。

機会があったら私も見に行ってみようと思います。
前にどの子か見た記憶はあるんですけれども、もう一度
ですねw

追記-
石原都知事がレンタル料のことで「いなくていい」なんて
言ってましたけど、どう納得されたんでしょうねw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2011

これでも与党議員。

「竹島なんか要らない」
そういう主張をする日本人を今まで何例か見てきましたが、
さすがに与党議員では見なかった気がします。
しかし、ついにそんな議員が出てきてしまったわけで。
土肥隆一衆院議員が日韓キリスト教議員連盟なる団体の
共同宣言で竹島の領有権主張中止に同調。
「日本の領土とは一概に言えないと思ってる」そうです。
いやあ、反日デモに参加する岡崎トミ子氏といい、日本の
不利益になる議員がそろっていますこと・・・
外務大臣のクビが飛んだばかりなのに何考えてるんだか。

しかも、この政権のよたよたした時期、民主党の支持率も
かなり悪い時期にこの主張、一体どれだけのダメージを
党にもたらしますことやら。
どうせ後で言い訳をするんでしょうけれども、野党からの、
追及は必至。
内容もきちんとわかっているようですから、「よく読まなかった」
という辛光洙方式は取れません。
どう言い訳してくるんでしょうね。

この土肥なる議員、京城(今のソウル)生まれで、これが韓国
贔屓の元なんでしょうね。
wikipediaを読む限り、天皇制をやたらと敵視していますし、
社会党出の議員ですし、今回の行動も確信的に行っている
ように思えます。
こういうのをのさばらせていれば、日本の国益は次々と失われて
いくことでしょう。
選挙民による自浄作用を期待します。

ま、どうせ議員辞職しないでしょうしね。
役職辞任、離党くらいが関の山です。

追記-
こういう議員をピシッと処分できるかどうかで、その党の
姿勢もわかるんですが・・・処分できるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2011

HDDメーカーがまた一つ・・・

うちのPCに入っているHDDはHDS721010CLA332(HGST・
1TB)、HDP725050GLA360(HGST・500GB)、ST380021A
(SEAGATE・80GB)の3台。
このうちのST~は友人からいただいたものですので、自分で
入れたのはHGST(日立グローバルストレージテクノロジーズ)
2台ということになります。
たぶん、次にHDDを買う時もHGST・・・と思ってたのですが、
そうは問屋が降ろさないようで。

このHGST、WestarnDigital社、略称ウェデジに売却が決定
されてしまったようなのです。
元々、HGSTもIBMのHDD部門を買い取ったもの。
私もこの2台の前にはIBMのHDDを使っていた気がします。
なんか、どんどんHDDの選択肢が狭まっていくような。
最初の頃使っていた、Quantumも今はMaxtorを経由して
SEAGATEに吸収されちゃいましたしね。
あとはデスクトップだとSumsungくらいしかありません。
まあ、次に必要になった時にどこのを買うかは考えましょう・・・

よくよく考えてみればDVD-RAMのメディアもmaxellを使って
いますので、日立には足を向けて寝られませんね。
HDD部門が無くなってしまうのは残念ですけれども、これからも
PC回りを支えていって欲しいものです。
この木何の木気になる木。

追記-
FDDもmaxellだったり。
CD-RとDVD-Rは太陽誘電なんですけれどもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2011

三人目の辞任!

外務大臣の前原誠司衆議院議員が大臣職を辞任。
ここのところ取り沙汰されていた焼肉献金が原因です。
菅政権下での大臣辞職は105日ぶり3人目。
金融担当大臣、法務大臣、外務大臣と首がもげても
何とか持っているのは脅威のダメコン能力といえるでしょうw
もっとも、直人丸は沈没寸前の支持率ではありますが。
前原グループ、つまり派閥の長という有力者が閣内から去り、
一段と追い詰められる菅政権の命運やいかに。

それにしても、この前なんとかさんは脇が甘いというか・・・
5年ほど前、同じ3月に永田メール問題が起きて、民主党
代表を辞任しています。
この時は故永田衆院議員の仕入れた情報の真偽を見誤った
ために辞任したわけですが、今度は知ってか知らずか、
在日韓国人から献金を受け取ってしまうという、痛恨のミス。
議員の方は辞めないみたいですけれども、よりにもよって
外相として一番スポットの当たっている時、次期首相の声も
高いこの時期に問題発覚とは、実に抜けているというか・・・

個人的にも他の民主党議員よりは幾分ましで、トップが
まったくダメな今の政権では貴重な支え役だと思っていました
ので、少々残念ではあります。
あくまでも「幾分まし」というところを強調しておきましょうw

この献金問題、あとは、他の議員に飛び火するかどうかですね。
年金問題でも事務所費でも、調べてみたら他の人も・・・と
いうのがパターン。
前原氏だけで済むわけはないかと思います。
何人クビが飛ぶか、実に楽しみですね・・・

追記-
献金していた人は外国人が~というのを知らなかったかも
しれませんが、「法の不知はこれを許さず」ですからね。
献金した側には罰則はないようではありますが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2011

近所で殺人未遂事件。

朝、起きて、ニュースの情報収集をしていますと、またも
牛丼店の事件があったようなスレを発見。

「【社会】 牛丼「松屋」に入店の迷彩服男、入店チャイムに
怒り、叫び、男性客2人の首を切って逃走…千葉」

ああ、怖い世の中だなぁ、松屋か、そういえばうちの近所
にも松屋があったなぁ・・・あの場所もいつ被害にあっても
おかしくないんだなぁ・・・なんて思いつつ、スレを開いて
みました。
・・・見事にその近所の店舗でした。

場所は新京成線の鎌ヶ谷大仏駅と初富駅をつなぐ道路の
ちょうど真ん中あたり、松屋鎌ヶ谷店。
もちろん、私もそこで食事をしたことがあります。
そこで、迷彩服の男がチャイムの音に怒り(?)食事をしていた
二人の首を切りつけて逃走したというのです。
凶悪事件でしかも、犯人は逃走中。
近所ですから、もちろん、警戒はしますよね・・・
家族にはこの事件を話して、今日は出かけないようにと、
警戒を促しまして、事件の続報を待ちました。
事件があったのは3時頃、事件を知ったのは8時頃、
そして、スレに犯人逮捕のカキコミがあったのは11時20分頃。
このニュースが報道された頃にはすでに犯人は逮捕され、
切られたお二人は命には別状はないそう。
ホッとしました・・・

ちょっと前まで、プロ野球ルーキーの某選手のフィーバーで
湧き上がってた我が街。
こういう事件で有名になるのは御免です。
去年は中国人女性を車で跳ねた人が殺人未遂で捕まって
いますし、普通の街になってきちゃったかなぁ。
こういうのが普通だとは思いたくないのですけれども・・・

追記-
しばらく、あの松屋は怖くて使えませんねぇ・・・
どこで起こるかわからない事件にしても。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2011

魔法使いになりたい方は・・・

アメリカ在住のウィザードによって魔法学校が設立されたそう。

ROCKET NEWS24 3月4日付記事→こちら

オベロン・ゼル・レイヴェンハート師によって開設されたこの
学校、オンラインでの受講だそうですので、日本人でも
たぶん、英語が出来れば受けることが出来るのではないかと。
こういう秘術は一子相伝的な教え方をしているような場合が
多いような気がするのですが、これでオープンに学ぶことが
できるというわけ。
今はまだ、魔法使いなどと名乗ると白い目で見られるのですが、
これが魔法使いの市民権獲得に繋がるといいですね。

記事によれば、開設者のレイヴェンハート師は山羊を一角獣に
変えたことがあるそうですから、その腕はお墨付きですねー。
ポリモルフを使えるということはLv7古代語魔法の使い手で
ありますw
すでに735人が受講しているとのことですが、この中から師を
凌ぐ者が出てくるのかどうか。
物語に時たまある、師をも打ち破ってしまい、悪の道に落ち、
世界征服を企むような弟子だけは出さないで欲しいです^^;

しかし、魔法使いもインターネットを使う世の中なんですね。
何でもかんでも魔法に頼っていたらコストが高そうですし、
これも仕方がないんでしょうか。
魔法と科学のハイローミックスというわけで。
魔法の素養のある人のところに、何らかのメッセージが魔法で
届いた方が夢があるんですけれども、きっと材料費がうんと
かかるから見送っているのでしょう。
入学金もリーズナブルですし・・・
魔法をもう少し、簡易に使える方法の確立も待たれますね、うん。

追記-
大火球をボンと起こせればすごいですけれども、火種程度を
魔法で起こすくらいならライターの方が早いんですよね><

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 04, 2011

またグラボでトラブル・・・

朝方までいろいろやっていたので、昼頃起きました。
すると、何か金属の震える音がします。
カチャカチャカチャ・・・
何か部屋にあるものが揺れてるのかな、地震かなと思い、
頭を布団で覆ったのですが、どうも揺れてる感じがしない。
でも、音はするのです。
それもどうやら、PCの中から。

ファンに何か詰まったのかな、何か当たってるのかなと、
開けてみても詰まってる当たってる様子がないのです。
それでも、前回のPC不調グラボの件がありますので、
また何か問題でもと見てみると見事にビンゴ・・・
なぜかファンが固定されているプラから浮き上がり過ぎ、
それが原因でヒートシンクに当たっていたのです。
どうしよう・・・
ちなみにPalitのGTX460 Sonic Platinumです><

買ったのが去年の10月、これはお店に言ってどうにか・・・
と思ったものの、何故か他のパーツのものはあるのに、
グラボのだけ領収書が見つからず。
せめて、このファンを交換することは可能かと、サポートに
聞いてみようと電話するもまったく電話は繋がりません。
おのれ、ドス○ラめ・・・

仕方が無いので、自分でファンを取り外し、ペラの位置を
押し込んで調節してみました。
これが功を奏したのか、今のところは音は出ていません。
しかし、いつまたあの金属音が鳴り出すか、冷や冷やして
いる状態。
下手するとプラスチックのファンが破損することだって
ありますからね。

もし、頻繁にファンが浮き上がるようで、直らなかったら、
いっそのこと、デフォのファンを取り外し、別の巨大ファンを
下のスロットに取り付ける予定。
何でこんなことで出費しないといけないんだか・・・

毎度のことながら、PCのトラブルには背中に冷たいものが
走ります。
なるべく壊れないように頑張ってくださいな、PCちゃん・・・

追記-
トラブルがあって慌ててたり困ったりしているのにサポートに
電話が繋がらない。
これはサポートが愚痴を聞かされたり、怒鳴られたりの原因
だなと、今日思いましたね・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2011

「千円の食事で文句言うな」だって。

外食産業で急成長中の中の人の発言が話題になっています。

J-CASTニュース3月3日付け記事→こちら

うちの近所にもとんかつ屋のよしかつができたのですが、
そこの社長の井戸実氏の発言です。
以下、引用。

「たった1000円ちょっとの食事で30分もクレーム電話を
し続ける奴の気が知れない。働け!」
「未だ電話してるよー。ホントにうぜーなぁ。ソースが乗ってた
とか乗って無かったとかでもめてるけど、その場でスタッフに
言えば良いのに。なんなんだこのおっさん」

引用終わり。

この人がどう思おうとかまいません。
それがその人の方針であって、こんなコメントを、傍目から見れば
不用意にネット上に打ち上げるのも本人の自由です。
ただし、その不利益を一方的に社員が受けるのでは不条理
ですし、そんなことがあってはならないかなと。
(こんな人の元で働かなければいいという意見が出るでしょうがw)

それに真っ当なクレームとクレーマーをごっちゃにしていると
いうか、文句つけるなという態度がみえみえ。
最近、話題にもなっているサイレントクレーマーの方がいいの
でしょうかね。
気がついた時にはもうお客がこないような事態になっていると
いうような方が。
この文面からではクレームに対する対応のまずさから30分も
長引いたのか、本当にクレーマーまがいの事をやられたのか
はっきりはしませんが、この社長の過去の言動からは前者に
思えて仕方がありませんね。
お正月の例のおせちも擁護してた人ですし。

まあ、うちの親もよしかつ試しにいったのですが、この件を
教えた上でもう二度と行かないように進言しました。
たぶん、友達にも教えると思います。
たかが1000円の食事と侮るなら、出てくるものもたかが。
そこで頑張っている人には申し訳ありませんが、1000円の
食事でも大事に思って、より美味しい物をと思っている料理人は
いくらでもいますので。
多少値段が高くとも、そういう人のやっているところで食事を
したいなと思うのです。

追記-
同じ書くにしても、紳士然と言葉を選んで書けば反感は買わない
ものを・・・わざわざ人を不快にさせる言葉を選んでるのでしょうかw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2011

落語家に転進だそうで。

お笑い番組はほとんど見ない性質なのですけれども、
それでもお笑い以外の番組にもどんどんとお笑いタレントと
いわれる人たちが出てくるので、名前くらいは覚えている
人もいます。
大半はそういう番組でも無理やり笑いを押し込んでくるので、
苦々しく思うのですけれども・・・

そんな中に、世界のナベアツさんもいるのですが、なにが
世界なのかまでは存じ上げませんし、コンビのジャリズムと
いうのも見た記憶はありません。
3の倍数ネタもしっかり見た記憶はありませんね^^;
でも、今回、桂三枝師匠に弟子入りし、落語家に転進する
というニュースを読み、頑張って欲しいなと思ったので、
ブログに記しておこうかなと。
落語の番組だったら、ちょくちょく見ることもありますので、
そのうち、目にすることもあるかもしれませんね。

三枝門下となると、やっぱり創作落語中心になるのでしょうかね。
出来れば再現芸術としての古典落語にも挑戦していただきたい
のですが、こちらはそれこそ、過去に綺羅、星のごとく居並ぶ
過去の名人たちが比較対象になりますから、一生の間、
全身全霊をかけての勝負。
創作落語を軽んじるわけではありませんが、やはり比較対象が
多い古典落語だと見る目も厳しいかと。

まあ、落語家を名乗る以上、バラエティ番組の出演は絞って、
寄席で頑張っていただきたいですね。
寄席での活躍を聞かず、テレビの賑やかしばっかりやってる
どこぞの大名跡みたいにはなって欲しくない^^;
応援しております。

追記-
後の6代目桂文枝である・・・とかになったらすごいのですがw
それはあまりにも気が早すぎますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2011

イオンに統一。

今日から3月。
それを区切りにイオングループがジャスコやサティの名を
イオンに統一したそうです。
イオンの名のブランド強化が目的だそうで、看板の架け替え
などが行われているようです。
この間、高根木戸を通った時も、架け替えの作業、やって
ましたね。

サティの方は縁はなかったのですけれども、ジャスコの方は
上述の高根木戸のお店とか、学校帰りに友達といったりした
こともありました。
まったく、家とは反対方向なんですけれどもw
なんかこう、こじんまりとしたというか、それでいてホッと
するような雰囲気がありました。
それに比べてイオンは広々として綺麗なんですけれども、
落ち着きはないように感じるんですよねw
今回、イオンに統一することで、今までジャスコだったところの
雰囲気ががらりと変わるわけではないでしょうけれども、
ちょっと残念な気はします。

まあ、看板架け替えたところで、前から使ってる人は「あそこの
ジャスコはさぁ・・・」という風に、呼び方、変わらないとは思います。
いまだに「国電が・・・」なんて人もいますし(ぇ
とりあえず、看板屋さんはお金が回っていいのかもしれませんw

追記-
ジャスコ岡田の芸名もイオン岡田になるんでしょうか。
岡田氏も上が無能なので苦労してる感じがします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | April 2011 »